過払い金請求 信用情報

過払い金請求は、すでに利用者の正当な権利として認められているのですが、過払い金請求を行うことで過払い金請求を行ったという事実が信用情報機関に記録されてしまうことがあります。

 

信用情報機関に記録されている情報とは、基本的には借金様々な記録になるのですが、消費者金融などの貸金業者が過払い金請求の記録を見ると「利益を得ることができないのではないか」という判断になるので、ブラックリストに掲載されているという状態になっているのです。
しかし過払い金請求の状態によっては、信用情報機関に登録がされないこともあるのですが、これは金融庁の方針となって明確に表示されているのです。

 

実は過払い金請求は任意整理と性質が酷似しており、2010年より以前は過払い金請求をすると信用情報機関に信用見直しという記録が残されていたのですが、これでは過払い金請求はデメリットでしかありません。
そこで2010年以降は、返済中に過払い金請求を行った結果、債務がゼロ、それ以外に支払いすぎている金銭が返還された場合は信用情報記録しないということになったのです。

 

金融庁としても、過払い金請求自体は返済能力に直接関係する物ではないという見解をしまし、信用情報機関への登録や情報提供の停止に動いたからなのです。

 

もしも過払い金請求を行う場合、借金を完全に過払い金で完済することができないのであれば、借金を完全に返済できるレベルまで返済をしてから、過払い金請求を行った方がメリットが高いということになります。