借金は一人で悩んではいけません

借金問題,無料相談

借金がかさんでとにかく首が回らない。
ここまでなんとか頑張ってきたけど、もう限界。

 

なんだか生きる気力もなくなってきた。
いっそ死んだほうがラクなんじゃないかと思えてきたりする…

 

わかります!その辛さ

 

かつて私も多重債務に苦しみました。
最初はちょっとだけのつもりだった借金がどんどん膨らんでしまって…

 

お金の余裕のなさは、心の余裕まで奪うもの。
日に日に精神的に追いつめられてまっとうな判断ができなくなり、以前なら手を出さないような安易な手段で一発逆転を図ろうとしたりして。

 

今だからこそわかります。
借金問題は、自分一人では悩まないのが大事だということが。

 

 

○○に相談だ!

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

きっとあなたは、いま抱えている借金問題が「自分一人ではもうムリだ!」と思ったからこそ、誰かの知恵を借りるべく当サイトにたどり着いたことでしょう。

 

その判断は、大正解。

 

多重債務に苦しむ多くの人が、誰にも相談せず自分一人で借金に悩みます。
しかし、一人では事態は一向に良くならず、それどころかますます借金を大きくしてさらに自分を追いつめてしまうのです。

 

 

私たちは日頃、体の調子が悪いときには早めに病院に行けとよく言われますよね。
でもその手間を渋っていると、いつの間にか深刻な病気が進行していて手遅れになってしまうなんていうことも。

 

それと同じで、もしももっと早く借金解決の専門家に相談していれば、解決策の選択肢もたくさんあり、問題の深刻化を防げたケースは非常に多いんです。

 

病気のことは、体の専門家である医者に。
借金のことは、借金問題解決の専門家に相談しましょう。
つまり、法律の専門家ですね。

 

※ご自分の借金問題の解決法を一刻も早く知りたい方はこちら↓↓
街角法律相談所

 

 

餅は餅屋ってやつですよ

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

ただし、法律の専門家なら誰でも借金問題に強いというわけではありません。

 

企業法務に特化している人もいれば、とりわけ離婚問題に強いという人もいますし、ひと口に法律専門家といっても得意ジャンルは様々です。
借金問題は、業界用語的に言えばあくまでも「一般民事」のなかの一ジャンルです。

 

医者だって、細かく専門がわかれていますよね。
たとえどんなに名医と言われている医師でも、内科医にメスを持たせて外科手術をお願いするのはかなりコワイ(笑)

 

餅は餅屋”と言うように、やはり何事もその専門分野のプロに依頼するのが一番。
だから、借金問題もこの分野に強い法律専門家に依頼しないとダメなんです。

 

 

【注意】司法書士はダメですよ!

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

「さっそく借金問題に強い法律専門家を探そう!」
そう思ってネットで検索をかけてみると、出るわ出るわ、とにかくたくさんの弁護士事務所や司法書士事務所が、借金問題ならウチにお任せ!といった感じで並んでいます。

 

ちなみに、司法書士というのは本来は不動産や法人の登記書類を作成したりする専門職なんですが、2003年からは一定の制限の範囲内で弁護士のように民事訴訟などを代理することができるようになりました。

 

そのため最近では、借金問題の案件にも司法書士事務所が積極的に広告を出しているのです。

 

人によっては、弁護士というといかにも“先生”といった感じで壁を感じるので司法書士に相談しようかなと考える方もいるようですが、

 

相談は、司法書士よりも弁護士を選びましょう!

 

なぜなら、司法書士は弁護士と違って担当できる業務の範囲が限定されているからです。
たとえば、依頼人の経済的利益が140万円以内の案件でないと、司法書士は弁護士のようには業務を受けられないのです。

 

これによって具体的にどういう問題が生じるかというと・・・
たとえば過払い金請求を行う場合に180万円の過払い金を受け取る権利があったとしても、司法書士に依頼すると140万円を超えた残りの40万円部分に対して代理人の資格がないため、140万円で手を打つか、新たに弁護士を雇うか、自分で手続きするしかなくなってしまうんです。

 

また、残念ながら個人再生や自己破産しか解決手段がないケースの場合には、そもそも司法書士は代理権限がありません。

 

せっかく司法書士に相談しても業務範囲が限られているため、あなたにとって最適な選択肢を提示できない可能性があります。
その司法書士さんが、「この案件は弁護士さんにお願いしたほうがいいケースですね」と親切に教えてくれればまだいいですが、なかには仕事欲しさにそのことを黙ったまま、業務範囲内の解決策しか提示しない司法書士もいるようです。

 

その点、弁護士であれば借金問題について特に業務範囲の制限はありませんから、安心して相談できるというわけです。

 

※ご自分の借金問題の解決法を一刻も早く知りたい方はこちら↓↓
街角法律相談所

 

弁護士に相談するハードルは全然高くない!

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

ここまでの説明から、借金問題で悩んでいる方は「借金問題に強い弁護士事務所」に相談すべきことがわかっていただけたかと思います。

 

ただ、弁護士に相談というと敷居が高く感じてしまう方も多いようですね。
でも彼らも私たちとなんら変わらない人間ですので安心してください(笑)

 

私の知人にも弁護士が何人かいますが、プライベートではただの酒好きだったり、やたらと子煩悩だったりと、近寄りがたさはみじんもありません。
しかし、仕事となるとビシっと頼りがいのある姿を見せてくれるんです。

 

ちなみに、通常、弁護士への相談というと「30分 5000円」くらいが相場ですが、そもそも借金問題の場合は相談者がお金がない人なので、無料相談が一般的です。

 

なので、料金面の心配もする必要がなく、気軽に相談できますよ。

 

 

借金問題に強い弁護士事務所はココ!

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

借金問題の無料相談をもちかけるべき弁護士事務所は、以下の特長を備えているところです。

 

  • 相談へのハードルが低い
  • 借金問題の相談対応経験が豊富
  • 債務整理などどんな案件でも柔軟に対応した実績がある

 

これらの点を満たしているのが、借金問題に強い法律事務所です。
広告やウェブサイト上で「借金問題ならウチに任せてください!」と言っている事務所が必ずしも本当に強いわけではありませんのでご注意を。

 

その点、以下に挙げる弁護士事務所またはサービスは、上記要素を満たした借金問題解決のエキスパートといえる存在です。

 

 

借金お助け相談センター【リヴラ総合法律事務所】

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

弁護士事務所のなかには、借金問題専門の相談センターを設けているところがあります。その代表がリヴラ総合法律事務所。

 

借金問題はとりわけ社会的に弱い立場の方が陥るケースが多いので、そういった方たちが抵抗なく法律専門家を頼れるように借金問題専門の「借金お助け相談センター」を立ち上げたのです。

 

年間5000件以上の借金相談を受けており、とにかく経験と実績が豊富。

 

匿名で無料相談可能なフリーダイヤルは24時間365日、全国対応してますから、まずは相談だけでもしてみると気分が軽くなりますよ。

 

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

 

岡田法律事務所

岡田法律事務所

この岡田法律事務所もまた、借金問題に特化した相談窓口を設けて豊富な実績を積んでいる事務所です。

 

ちょっとした相談で解決できたライトなケースから、債務整理や過払い金請求など本格的に法律家の力が必要になるヘビーなケースまで、相談者に応じて柔軟に対応し、最適な解決策を提示しています。

 

もし正式に依頼することになっても料金体系が極めて明朗ですから、不安なく大船に乗った気持ちでお願いできます。
こちらも全国どこでも対応しており、もちろん匿名無料相談が可能です。

 

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

 

街角法律相談所

街角法律相談所

「街角法律相談所」と名がついていますが、こちらは特定の法律事務所ではなく、匿名無料で利用できる診断ツールであなたの借金の状況に応じて改善方法などを教えてくれるサービスです。

 

診断結果では同時に、その解決方法にふさわしい法律事務所も教えてくれるので、「どこに相談したらいいんだろう…」という悩みとは無縁です。

 

質問項目はたった5つでカンタンなので、相談するのがとにかく不安という方はまずはこのサービスを試してみるのがいいでしょう。

 

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

 

 

手遅れにならないうちに…

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

生きていれば誰にも悩みは付きもの。
人に話せれば楽なんですが、借金問題は身近な人に相談するどころか、存在そのものさえ明かせないことが多いので、気づいたらもはや自分の手に負えないレベルにまで深刻化してしまうことが少なくありません。

 

もっと早く専門家を頼っていれば、こんなに苦しまなくて済んだし、打てる手もたくさんあったのに…
そういうケースが世の中にはたくさんあるのです。

 

困ったときは頼っていいんですよ。
かつてあなたと同じように借金問題を抱え、打ちひしがれていたにもかかわらず、今では笑顔を取り戻し毎日を明るく前向きに生きている人たちがいます。

 

その人たちが現在そうしていられるのは、専門家に相談し、しかるべき対策を取ってもらったから。
いまの状況を打開するカギは、借金問題に強い弁護士事務所に相談することですよ。

 

借金お助け相談センター【リヴラ総合法律事務所】

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

弁護士事務所のなかには、借金問題専門の相談センターを設けているところがあります。その代表がリヴラ総合法律事務所。

 

借金問題はとりわけ社会的に弱い立場の方が陥るケースが多いので、そういった方たちが抵抗なく法律専門家を頼れるように借金問題専門の「借金お助け相談センター」を立ち上げたのです。

 

年間5000件以上の借金相談を受けており、とにかく経験と実績が豊富。

 

匿名で無料相談可能なフリーダイヤルは24時間365日、全国対応してますから、まずは相談だけでもしてみると気分が軽くなりますよ。

 

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

 

岡田法律事務所

岡田法律事務所

この岡田法律事務所もまた、借金問題に特化した相談窓口を設けて豊富な実績を積んでいる事務所です。

 

ちょっとした相談で解決できたライトなケースから、債務整理や過払い金請求など本格的に法律家の力が必要になるヘビーなケースまで、相談者に応じて柔軟に対応し、最適な解決策を提示しています。

 

もし正式に依頼することになっても料金体系が極めて明朗ですから、不安なく大船に乗った気持ちでお願いできます。 こちらも全国どこでも対応しており、もちろん匿名無料相談が可能です。

 

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所

 

街角法律相談所

街角法律相談所

「街角法律相談所」と名がついていますが、こちらは特定の法律事務所ではなく、匿名無料で利用できる診断ツールであなたの借金の状況に応じて改善方法などを教えてくれるサービスです。

 

診断結果では同時に、その解決方法にふさわしい法律事務所も教えてくれるので、「どこに相談したらいいんだろう…」という悩みとは無縁です。

 

質問項目はたった5つでカンタンなので、相談するのがとにかく不安という方はまずはこのサービスを試してみるのがいいでしょう。

 

債務整理の無料相談ベスト3!本当に借金問題に強い弁護士事務所


債務整理の過払い金返還請求の消滅時効

過払い金の返還を請求する権利は不当利得返還請求権という債権になりますので、時効によって消滅する場合があります。

 

権利は一定の期間行使をしないままでいれば消滅してしまうことになります。
これが消滅時効というものになります。

 

特定の人に対し、特定の行為や給付を求める権利を債権と呼ぶのですが、
この債権についても時効により消滅をします。

 

債権の消滅時効の期間は10年になります。
債権を行使できるようになったという時から10年を経過した場合、
この債権も消滅してしまうことになるのです。

 

そして過払い金の返還を請求する権利も不当利得返還請求権という債権になりますので、消滅時効の対象となっています。
つまり、時効によって消滅することがあるのです。

 

過払い金返還請求権の消滅時効の期間は、他の債権と同じで10年となっています。

 

10年が経つと過払い金があったとしても、返還を請求することができなくなりますので注意しなければなりません。

 

完済より10年経過してしまった場合、絶対に過払い金を取り戻すことができないのかという不安を持つ人もいます。

 

完済後10年が経過してしまい、その後何も取引がないという場合には過払い金返還請求ができないのですが、完済語10年経っていない状態で再び同じ業者よりお金を借り、そしてその完済日から10年が経過していないのであれば過払い金を取り戻すことが出来る可能性があるとされています。

 

10年前のことを思い出すことが出来ない、そして明細書が手元にないという場合には法務事務所に過払い金請求の相談をすることで、金融業者より過去の取引状況の開示を行って、そこから利息制限法に基づいた過払い金の引き直し計算をします。

 

ですから過去の取引状況が分からないという場合でも大丈夫なのです。

 

債務整理の過払い金を弁護士に依頼をした場合、弁護士費用が発生

過払い金は、金融業者に対して返しすぎたお金をことになります。

 

サラ金などであれば法律で決まっている以上の金利を超えた利息でお金を貸しているという場合があります。

 

そのときに支払った利息、そして利息制限法で定められた利息との差額ですが、本当であれば支払う必要がなかったお金になります。

 

そのようなことは分からないのでもう払ってしまっている人が多くなります。

 

これがいわゆる「過払い金」となるのです。

 

過払い金が発生しているということならば、取り戻すことが出来るようになっています。

 

この過払い金請求は個人でもできないものではないのですが、弁護士や司法書士に依頼するのがよいとされています。

 

それは弁護士に依頼をしたほうが安全でありスムーズな返還手続きを行うことが出来るからです。

 

弁護士に依頼をした時に現在の借金に対する支払いや取立てがストップされます。

 

そして司法書士は140万円を越える事件を処理することができないとされているのです。
地方裁判所に過払い金返還訴訟を起こしたとしても、代理人として行動することができないのです。

 

このことから弁護士に依頼をすることで最初から最後までを債務者の代理人となり交渉をすることができるようになっています。

 

過払い金請求のメリットとしては借金がなくなり、お金が返って来るということが一番になります。

 

もちろん弁護士に依頼をすることで弁護士費用は必要となるわけですが、
過払い金請求の多くの場合、返って来たお金で間に合うということができるのです。

 

債務整理の過払い金返還請求

過払い金というのは、金融業者に返済しすぎたお金のことになります。

 

例えばサラ金などであれば法律で決まっている以上の金利を超えている利息でお金を貸している場合があるのです。

 

そのときに支払った利息、そして利息制限法で定められた利息の差額は、
本来なら払う必要がなかったと判断できるお金になります。

 

ですがもうお金は支払ってしまっています。
この場合には取り戻すことが可能となっているのです。

 

この過払い金は消費者金融やサラ金などの貸金業者が定めている利率と利息制限法の利率とに差があることから発生します。

 

貸金業者がこれまで定めてきた利率の多くは29.2パーセントという高い金利になっています。
この金利は出資法という法律で定められている上限利息となっています。

 

利息制限法の上限利率は10万円未満であっても20パーセント、そして100万円未満ならば18パーセント、そして100万円以上は15パーセントであると定められているのです。

 

法律によると利息制限法の上限利率を超えた利息の分は支払わなくてもよいということになっていますので、出資法と利息制限法の上限利率の差額の分を計算しなおせば過払い金が発生することになります。

 

この計算は引き直し計算と呼んでいます。

 

長い期間に渡り過払い金が続いたという結果、もう返済が終了していたにもかかわらず返済を続けていたということもあるようです。

 

この過払い金返還請求ですが、個人で行う事も可能かもしれません。
が、弁護士や司法書士に依頼することが一般的とされています。

 

理由は弁護士に依頼をしたほうが安全であり、スムーズに返還の手続きを行うことが出来るからです。